千夜一夜★占いエピソード集★

人生につまずき、悩み、迷うことは、だれにでもあるものです。そこから一歩前に進むためのお手伝いをするのが占い師の役目。このコラムでは、占い師が実際に電話鑑定したさまざまなエピソードを紹介します。

Episode1

別れた彼とやり直したい

「なぜ、別れなくちゃいけないの? 女としての魅力がなくなったから?」
半分パニック状態の30歳の女性・香さん(仮名)からのお電話でした。
彼女は、結婚の約束をしていた5歳年上の彼から、突然別れ話を告げられてしまったのです。
別れの理由を聞くと、「香を幸せにしてあげられる自信がなくたったから」と彼は言います。

ここでポイントなのは、たいていの男性は本音で別れの理由を言わないことです。
「悪者になりたくない」「本音を言って自分の弱点を見せたくない」
など、男性特有のプライドが邪魔をして、本当のことをなかなか口に出しません。
ですので、「幸せにしてあげられない」は別れ文句のお決まりのテンプレート(雛形)と思っていいでしょう。

香さんもそれに勘づいたのか、
「彼が言っていることは絶対に嘘です。たぶん他に好きな人ができたんだと思う……」
と、ため息混じりの声で呟きます。
彼の心の内をタロットで占ってみると、別の女性の影はありませんでした。
今度は香さんの現状を西洋占術で鑑ていくと、「その彼は手放してはいけない人」というサイン。
別れるべきか、やり直すべきか、占い師は冷静に判断していきます。

男性が別れを切り出す理由で多いのが、

(1)他に気になる女性ができた
(2)彼女が発散している結婚へのプレッシャーから逃げたい
(3)セックスに不満

などです。
香さんの彼の場合、(2)なのではないかと思いました。
タロットには、“お金の不安”などを暗示するカードが出ています。
もしかしたら、彼は経済的な問題が理由で結婚から逃げただけかもしれません。

別れた後でも彼から定期的に電話やメールが来ていたので、香さんが彼の心の内を上手に聞き出していくうちに、やはり彼には借金があることがおぼろげにわかってきました。
それが結婚に踏み出せず、別れを決めるに至った大きな理由だったのです。
30歳の香さんが結婚を焦るのはわかります。
しかし、「結婚したら、仕事を辞めて家のことに専念したい」という香さんのことばにプレッシャーを感じ、彼は「自分に借金があること」を到底言い出せませんでした。

そこで、占い師は香さんに3つのことをアドバイスしました。

(1)結婚しても彼を経済的に支えられるような職に就くこと
(2)彼に自信をつけさせるため、とにかく褒めること
(3)彼が戻って来やすいように、定期的にメールや電話をすること

香さんは「彼を取り戻したい」という一心で、3つのアドバイスを忠実に守り、約2年の歳月を経て彼と結婚することができました。
別れている期間、彼は借金を完済。
結婚後、すべてを打ち明けた彼に借金の中身をよくよく聞くと、ギャンブルや浪費癖によるお金の使い込みではなく、専門資格を取るためのスクール代でした。
がんばり屋の彼らしい一面も見ることができ、香さんはますます好きになったそうです。

「元彼が忘れられない」「もう一度やり直したい」という悩みは、電話占いでとても多い相談です。
終わった恋を引きずってしまうのは、納得した別れ方をしていないから。
心のモヤモヤを消すためには、相手のことばの真意を汲み取り、自分が変わる努力をすることが大事です。
どんな結果になろうとも、「自分で納得すること」で幸せな未来が開かれていくのです。

pagetop