電話占い基礎知識

「電話占いと対面鑑定はちがうの?」そんな疑問にお答えする鑑定の受け方や占い師の選び方がわかるFAQです。

[Q.2]電話占いをする前に準備しておくことは?

「電話占いって、鑑定の時間になったら、ただ電話を受ければいいんでしょ?」と思っていませんか?
限られた時間内で効率的に電話占いを利用するためには、「準備」が大切です。
慌てずスムーズに占いができるよう、あらかじめ準備しておくべきポイントをお伝えします。

【1】占いたい相手の生年月日を調べておく
とくに西洋占星術や四柱推命で占ってもらう場合は、生年月日が必ず必要になります。
生まれた時刻が分かるとより正確な占い結果に結びつくので、母子手帳などで確認しておくとよいでしょう。
ご自身の情報はすぐに分かるかもしれませんが、つい忘れがちなのが、相性占いで必要になるお相手の方の生年月日。
出会ったばかりでまだ相手のことをよく知らない場合は、SNSなどを利用して確認しておくと、アプローチのヒントが見えやすくなります。
【2】相談したい内容を整理しておく
「仕事」「恋愛」「結婚」など、占ってほしいテーマが漠然とは決まっていても、具体的になにを悩んでいるかが明確ではない方がいらっしゃいます。
たとえば、仕事の場合、会社の人間関係についてなのか、転職を考えているのか、聞きたいポイントを3つから4つくらいあげておくと、相談がスムーズに進みます。
また、現状だけでなく、「将来どうなりたいのか」という未来像を思い描いておくのもお勧め。
「どう歩んでいけばいいのか」というアドバイスを占い師がしやすくなります。
こういった事前準備を行うことで、気持ちの整理がつき、心の安定にも繋がっていきます。
【3】占い結果を書くメモを用意
占い結果を夢中で聞いていると、その時は頭に入っていても、しばらく経つ言われたことがうろ覚えになったりします。
それでは、せっかくの電話占いが無駄になってしまいます。
そこで、電話を受けるさい、近くにメモ用紙を用意していておくようにしましょう。
心に残ったことばやアドバイスを書いておくと、後で見返すことができ、時間が経ってから確認すると、またちがった捉え方ができることがあります。
占い結果は良いことだけでなく、悪いこともメモしておき、自分の成長に繋げていきましょう。
【4】時間配分を考えておく
無駄なお金をかけずに電話占いを利用するためには、時間配分が大切になります。
魔法のランプでは、20分からの鑑定が基本。
この時間内で収めるためには、「最初の10分が恋愛のこと」「残りの10分が仕事のこと」といったように、時間配分を決めておくのが良いでしょう。
その旨を最初に占い師に伝えおくと、時間が来たら知らせてくれます。
ただなんとなくズルズルと長電話をするのはお勧めできません。
pagetop